Calendar
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

マナーは大事

若い世代であれば葬儀に出席する機会はまだまだ少ないと思います。しかし歳をとるにつれ葬儀に出席する機会はどんどん増えていきます。いざ葬儀に出席するとなった時にお線香のあげ方からお香典の渡し方まですべてのマナーがわからないようでは恥をかいてしまいます。若いうちから葬儀のマナーを知っていて損はありません。

まずお線香のあげ方ですが、これはほとんどが焼香であることが多いです。焼香台の前まで行き、一礼をしてから手を合わせます。横に置いてある抹香を親指・人差し指・中指で掴み、顔の前に持ってきます。それを3度繰り返し、もう一度手を合わせて一礼してから下がります。これでお線香のあげ方は終わりです。

次に葬儀にはお香典を持っていきます。これは線香や花の代わりに亡くなった方の霊前に供えるものです。中身は現金で、入れる袋は不祝儀用の袋に包むのがマナーです。渡すタイミングは葬儀かお通夜です。

そしてこのお香典に対し、香典返しというものがあります。香典返しはお香典やお供え物を頂いた方に遺族が送るものです。こちらも中身は現金で、頂いた金額の3分の1を目安にお返しをするのが一般的で、お礼の手紙を添えて送ります。そして香典返しが贈られる時期ですが、一般的に忌明けに送られる事が多いです。具体的な日にちとしては49日が明けてからです。香典返しをする相手が同じ職場に複数人いる場合、まとめて皆で食べられるお茶菓子などにする事もあります。

リンクサイト一覧

香典返しをプチギフトにいかがですか?ちょっと贈り物!!
心のこもったお葬式、一度しかない大切な時間を過ごしたいとお考えの方は横浜の葬儀セレモみなみに事前に相談、安心と悔いのないお見送りをお手伝いします。

Category
  • カテゴリーなし